*

銀行の審査と銀行での即日キャッシングの基準は違う

      2016/03/01

銀行は色々な業務で経営をしている機関

銀行のような金融機関は、消費者に対して様々なサービスを提供しているので一般的な消費者金融のように借入だけを行って会社経営を行っているわけではありません。また、金融機関は消費者金融と異なって莫大な資産を持っていることが特徴として挙げられます。

資産を持っている金融機関は、消費者金融が行っているように消費者に対して少額融資を提供しなくても十分に経営を行っていけるだけの基盤が存在するのです。そのため、借入のサービスを提供するときには個人に対する借入であっても住宅ローンや自動車ローンなどの高額なローンを中心に組み立てるようにしています。こうした特徴から、審査に関しても一般的な消費者金融とは違って厳しい側面があります。

高額なお金を借りることが出来る反面、貸したお金を返済することが可能な消費者を選別しているので審査基準も金融機関が定めた厳格な基準で設定されています。では、こうした金融機関が設定する基準に通らなかった人は銀行でお金を借りることが出来ないのでしょうか。実はそうではなく、金融機関にも銀行キャッシングという非常に便利なサービスが存在します。これを利用することで、普通の金融機関の借入の審査に通らなくてもお金を借りることが可能になるのです。

銀行キャッシングは銀行が考えたサービスではない

元々、銀行キャッシングは金融機関が考えたサービスではありません。キャッシングと言うのは、個人の消費者に対して考えられた少額での借入の総称のことを指しますので本来ならば金融機関の経営方針と相容れないものと言っても過言ではありません。

では、なぜこのようなサービスが存在するのかというと金融機関からのお金をいつでも誰かが借りてくれるとは限らないからです。確かに、金融機関は莫大な資産を保有していますのでそのお金を運用することによって多くの利益を得ることが可能な会社です。しかし、その資産も借りてくれる会社や個人がいなくては上手く運用することが出来なくなります。実際に、景気が悪くなってしまうと金融機関からお金を借りる人が激減する傾向にあるので、多額の金銭の借入しか行っていない金融機関は他の方法で借入を提供することが出来なくなってしまいます。

実際、このような高額融資の弊害によって過去に景気が悪くなったときにいくつもの金融機関が潰れてしまいました。そこで、金融機関とは全く異なった審査基準で個人に対して融資を提供する銀行キャッシングが考えられたのです。この借入では銀行の審査には本来通ることが出来ないアルバイトであっても審査に通ることが可能です。

銀行の借入の審査と銀行の即日キャッシングの基準の違いを理解しよう

銀行の借入の審査と銀行キャッシングには大きな違いがありますが、なぜこの二つのサービスには大きな考え方の違いが存在するのでしょうか。

実は、この理由は非常に簡単で両者のサービスを提供している会社が全く違うからです。当然ですが、金融機関のサービスは銀行が提供しているのでその基準によって審査も借入も提供されるのですが、銀行キャッシングは金融機関ではなく貸金業者のサービスとして分類されているので全てのサービスにおいて貸金業の基準が導入されているのです。事実、銀行キャッシングの審査基準は貸金業者が決めているわけではなく貸金業法という法律によって最初からある程度の基準が決められています。

金融機関はそれ専用の法律があるため基準を金融機関自身が決めることが出来るのですが、銀行キャッシングを提供する貸金業者にはそのような権限がありません。むしろ、法律に違反してむやみに消費者に対して多くのお金を貸すとその貸金業者は行政処分で経営を行うことができなくなってしまう可能性も出てきます。法律的な安全性が最初から求められているので、銀行の即日キャッシングでは融資の審査基準も融資の金額も全く異なるわけです。

銀行キャッシングの借入方法は銀行よりも遥かに簡単

銀行キャッシングの借入が魅力なのは、お金を借りる際の基準や手順が銀行よりも遥かに簡単であることです。例えば、金融機関で審査を受けるときには必ず支店に出向いて審査を受けなくてはいけませんが銀行キャッシングの場合はネットから簡単に借入を相談することが出来ます。実際に借入をする時にはまず仮審査を行って融資の基準を満たしているかどうかを判断することも可能であるため、金融機関よりも基準が優しくなっているのです。

また、銀行キャッシングでは即日融資が基本であるため審査も即日で終わらせることが可能な簡単なものしか準備されていません。金融機関の場合は提出する書類が多いですが、銀行キャッシングでは身分証明書を提出できれば後は収入の証明を口頭の審査で行って信用情報の確認を済ませればすぐに借入ができます。収入の確認も信用情報の確認も貸金業者の方から手続きを進めてくれるので消費者は借入の合否の結果だけを聞くことが可能です。

消費者自身から何か提出しなくてはいけないものがあるわけではなく、早ければ5分もしないうちにこれらの手続きを終わらせることも出来ます。銀行キャッシングはアルバイトやパートでも借入が出来るので身分に制限がなく、しかも無担保で安全に借入が実現できます。

 -便利になったキャッシング

  関連記事

no image

便利になったモビットキャッシング

私が会社員勤務の時ですが、転勤が多く、都市部から田舎まで本当に様々なところに趣きました。 最初の勤務

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
銀行の審査と銀行での即日キャッシングの基準は違う

銀行は色々な業務で経営をしている機関 銀行のような金融機関は、消費者に対して様々なサービスを提供して

no image
いつもの日課は!

おはようございます!今朝は玄米茶といっしょにシナモンドーナツを軽くトースターであぶっていただきました

no image
スムーズにお金借りる

実際にアイフルを利用して問題は全くありませんでした。 借りる時もスムーズにお金借りることができました

no image
モビットのスピーディーな対応

どこで借りるかが問題。 ネットで調べてもどこが一番お得なのかいまいち分かりづらい。 それで、借金の経

no image
初めてのプロミスでのキャッシング

私は先日プロミスで人生初のキャッシングをしました。私がプロミスに決めたのは友人のすすめがあったからで